人工知能

Black AIストラテジーFX|人工知能とトレードの未来

投稿日:2017年5月21日 更新日:

Black AI ストラテジー FX を入手される方がかなり多いことにびっくりしています。

このBlack AI ストラテジー FX、人工知能をつかっていることが売りなんですよね。

今回はその人工知能とブラストFXについて書きます。

今すぐBlack AI ストラテジー FX を無料特典付きで入手したいという方は☟こちらですね ^^) _旦~~

ブラストFX|Black AIストラテジーFX検証と評価!特典付

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

Black AI ストラテジー FXとディープラーニング

トレードのすべてを人工知能にまかせているわけではないにしろ、FXのシステムトレードにおいて人工知能をつかっていることをここまで全面に押し出して大々的に紹介したのは、おそらくこのBlack AI ストラテジー FXがはじめてなんじゃないかとおもいます。

FXに人工知能を取り入れる動きは、近年、ニュースなどで目にするようになりました。

といっても、現状は、銀行やファンドが億単位のシステム投資をして行っているレベルですから、「個人トレーダーも100パーセント人工知能を使って投資をする」のが一般的になるのは、もう少し先の話になりそうです。

人工知能の特徴で代表的なのが、「ディープラーニング(深層学習)」と呼ばれる仕組みです。

Black AI ストラテジー FXのトレードルール誕生の軌跡

burastofx

FXにおけるディープラーニングとは、材料となるチャート画像などをインプットすれば、人工知能自身が“自動で学習を始め”、トレードルールの欠点を発見したり、改善案を発明したり出来る、というものです。

人工知能は視覚情報も認識できるので、移動平均の傾きなんかも判断ができちゃうんですね。

プロの将棋や囲碁の世界でも、最善手や定跡を、コンピュータに研究させるのが一般的になっているように、トレードルールの発案も、コンピュータにさせるのが、徐々にスタンダードになるでしょう。

そして、それを、人間では相手にならない程の計算力で、解析・検証していくわけですから、この学習の仕組みさえ構築できれば、これまで世に出ている以上のトレードルールが完成するのも当然といえます。

このブラストFXは、そこから生まれたトレードルールの1つの形ということですね。

人工知能の反射速度

さて、そのディープラーニング。

AI(人口知能)研究の中で今注目を浴びている分野なのですが、簡単に言えば、コンピューターに何度も問題を試行させる事で、自分で最適な答えを導く事の出来るシステムの事です。

勘の良い方はわかるとおもいますが、株やFXの電子市場取引において、ディープラーニングは強力無比の能力を発揮します。

例えばですが、画面上に2つの数字が表示されて、どちらの数が大きいか、2つどちらかのボタンを押して答えるという実験をしたとします。

人間の反射速度は大体100ms(0.1秒)が限界と言われていますが、AIであれば、視覚から得た2つの数字を脳で比較し、圧倒的にもっと早い速度で正解を導いてみせます。

いったいどれほどの速さで正しい答えを導き出してしまうとおもいます?

Black AI ストラテジー FXは36億分の1秒で判断

なにしろ数字が出た瞬間、運頼みでボタンを押しても、人間だと0.1秒以上かかるという事でしたよね。

これをコンピューターにやらせた場合、ぼくも使っているような一般的なコンピューターのCPUで3.6Ghzの周波数。

つまり36億分の1秒程度で判断を下します。

なにかの処理をするとしても、10億分の1秒程度でほぼ絶対的に正しい答えを導くという事です。

人間が太刀打ちできるレベルでないことは明白だと思います。

その10億分の1秒の瞬発力のバックボーンに、これまでの膨大な為替相場の値動きのパターンを搭載したシステムが、実際にあります。

それが実際に現在、稼働しているんですね。

ブラストFXが裁量トレーダーを減らす?

これを知ってしまうと、トレーダーによっては、今後、短期の金融取引を自分の脳と手を使ってやる気は起こらなくなるかもしれないです。

これからもっと増えるでしょうし。

そうなったらどうなるんでしょうね(^^;)

コンピューターが電子市場上でお金を引っ張り合うわけで、むしろ均衡を保ってしまってコンピューターがいる事を意識してもしょうがないって事になるかもしれませんね。

もしその時が訪れたら一切値動きがなくなったりするのでしょうか。

あ、でもまだこれはちょっと先の話ですよ?

まだまだ裁量が必要な部分というのは、ブラストFXを含め、あらゆるシステムトレードの手法で存在します。

そして、その裁量の判断が、まだまだトレードにおいて最も大事な部分になってはいるということも、一応書き添えておきますね。

でも、確実にこういう人工知能が為替相場においても暗躍しはじめているということは確かなんです。

ブラストFXのロジックとは?

ver

このブラストFX、「AI」を題材にしたFX商材がようやく出てきたか、という感慨があるんですね。

ぼくがおもうに、システムトレードが最終的に行きつく先はこのAIのディープラーニングなので。

さて、最後になりますが、チャート学習をAIにさせて、ブラストFXにて最善のロジックとして結論づけられたものは、果たして何だったとおもいます?

FX教材ってトレンドフォロー系が多いです。

これは全体的にそういう傾向があることなんですね。

なんですが、このBlack AI ストラテジー FXで提言されたのは、逆張りロジックです。

AIで推奨される「逆張りロジック」というのは、面白いところですね。

このブラストFX、ドル円のトレードで逆張りのエントリーに慣れている方などは特におすすめですね。

⇒ブラストFX|Black AIストラテジーFX検証と評価!特典付

☝ぼくからの無料の限定特典付き「Black AI ストラテジー FX」の販売ページはこちらですね。

ぜひこの機会に入手してみてください(^^ゞ

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
ドルインデックスとは?ドル指数をつかった王道FXトレードを伝授!

ドルインデックス(ドル指数)は、米ドルの総合的な価値を示す指標です。代表的なものに、ニューヨーク商品取引所(NYBOT)が算出しているものと、FRB(連邦準備制度理事会)が算出しているものがあります。 ...

2
フィボナッチ比率は黄金比!これをつかわない手はない?

1.618とその逆数である0.618、2.618とその逆数である0.382などを総称して、フィボナッチ比率といいます。フィボナッチ比率は均衡や安定を招く数字として、為替相場のテクニカル分析にも応用され ...

3
羊飼いさんから取材|ダイヤモンド社サイトにDakar掲載中!

羊飼いさんに取材していただきました。今回の記事は、ぼくDakarが羊飼いさんにインタビューしてもらったときの話を中心に書いてみました。羊飼いさんは、ぼくと同じスキャルピングトレーダー。同じ時間軸で勝負 ...

-人工知能
-, ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.