「実需とFX」 一覧

コスト1割カットせよ?!知られざる実需為替取引の話|材料調達編

ドル円が100円のときに、ターゲットが1割カットの材料発注案件があるとするじゃないですか。そうすると、この例では為替取引で1億を9000万円にすることが求められるわけですね。 もちろん、あくまでできそ ...

企業の為替戦略をソフトバンクの経営判断から考える

2017/11/05   -実需とFX

2016年秋、ソフトバンクは英企業を買収しました。イギリスの企業を買収するということは、ポンドと円の間で為替取引をするということです。つまり、この買収劇の裏には、ポンド円チャートの展開を巧みに利用した ...

ロンドンフィキシングとは?リスクマネーの必要性とチャート大変動

ロンドンフィキシングは、ロンドン市場の16時、日本時間で言うと25時のフィキシングのことをいいます。 ロンドンフィキシングは英語で書くと、London Fixing ですね。 Fix って「固定する」 ...

直物取引とFX|スリッページを憂慮すべきタイミングについて

ダカールです。 実需の話をします。 いきなり専門的な話から入ります。 ちょっとがんばって、ぜひついてきてください。 ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいしま ...

為替予約取引と想定為替レート|実需とFX

2017/08/02   -実需とFX

為替予約取引と想定為替レートについて書きます。 ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます ...

企業の為替取扱いの今、昔|就職を控える大学生へ!

企業で外国為替取引をするって、利益にどのように関係していくることなのでしょうか? この記事では、そのあたりの基本的なお金の話を書きたいと思います。 また、昼間のFXで稼ぐためには特に、時代の変遷で本邦 ...

FXとトランプ大統領|輸出企業に有利な通貨安

この記事は FXとトランプ大統領|中央銀行の金融政策 の記事のつづきです。 ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新 ...

仲値公示の実態|銀行と企業の小競り合いの概略を知っておこう

仲値とは、朝9時55分頃のインターバンク市場のレート水準をもとに決める銀行の対顧客取引レートのことです。 仲値は「なかね」と読みます。 この仲値を境にしてTTBやTTSが決められます。 ブログランキン ...

FXと実需|貿易為替をドル円の値動きに絡めて考えてみる

外国為替取引が行われる理由は主に、「リスクテイク」「リスクヘッジ」「実需」の3つに分けられます。 個人投資家がFXで為替取引を行う場合、為替差益を狙ったり、スワップ金利を狙うことになります。 同じよう ...

FXの決算月のトレード方法とは?年度末のスキャルピングと実需の話

こんばんは。 Dakarです。 今週はいよいよ2016年度の決算月に突入します。 ということで、今回は実需の話題も取り入れながら今週の為替相場の動向について考えてみたいと思います。 週明けは先週からの ...

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2018 AllRights Reserved.