http://fx-dakar.com

FX用語 ストキャスティクス テクニカル

ストキャスティクスとは?

投稿日:

RSIと同様に、逆張り系の代表選手であるストキャスティクス。

舌を噛みそうな名前ですが、ストキャスティクスもRSIと同様にオシレーター系で、「買われすぎ」、「売られすぎ」に着目したテクニカル分析です。

現在のレートを過去の一定期間の値動きと比較し、100%に近ければ近いほど、現在のレートが買われすぎとなり、0%に近ければ近いほど、レートの売られすぎと判断されます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

FXのストキャスティクスとは?

ストキャスティクスは1950年代にジョージ・レインによって考案されたテクニカルです。

ストキャスティクスは、トレンドがない相場で売られ過ぎ、買われ過ぎを判断する逆張りのテクニカルツールといえます。

ストキャスティクスの基本となるラインは「%K」「%D」と呼ばれ、以下の計算式で算出されます。

%K=(今日の終値-過去n日間の最安値)/(過去n日間の最高値-過去n日間の最安値)

この式の意味するところは当該期間において現状はその変動幅のどのあたりに位置しているのかを0~100の間で数値化しているということです。

ファストストキャスティクス

つまり、この数値が大きいほど レンジの高値、小さいほどレンジの安値に位置していることを示します。

また、通常はこの期間を5とすることが多いようです。

%D=(n日間ストキャスティクスの分子のm日移動平均)/(n日間ストキャスティックスの分母のm日移動平均)

これは%Kをm日間で移動平均し、滑らかにしたもので、通常この移動平均期間は3を使います。

「%K」と「%D」の二本を使って描かれるものを「ファスト・ストキャスティクス」と呼びますが、これは感応度が高すぎる、つまりジグザグが激しすぎるためにあまり使われることはありません。

スロー・ストキャスティクスの概念

sto

一般に分析に使われるのは、よりスムージングされた「スロー・ストキャスティクス」と呼ばれるものとなります。

「スロー・ストキャスティクス」は「%D」と「SD(slowD)」の二本を利用します。

「SD」は「%D」のL日移動平均となり、通常この平均期間も3を利用します。

さらに「SD」を移動平均した「SDスロー」と呼ばれるラインもあり、「SD」と「SDスロー」を利用するとより反応が滑らかとなりますが、売買シグナルが遅れるリスクが指摘されます。

スロー・ストキャスティクスの利用方法

スロー・ストキャスティクスの利用方法について書きます。

簡単に、3点にまとめますね ^^) _旦~~

%D単体の見方

%Dが80%以上では買われ過ぎ、20%以下では売られ過ぎが示唆されます。

また、%Dが80%以上の位置でダブルトップを形成した場合は売り、20%以下の位置でダブルボトムを形成した場合は買いとなります。

%DとSDの交差

SDを%Dが下から上へ抜けた時が買い、逆に上から下に抜けた時が売りとなります。

また、この交差が売られ過ぎ買われ過ぎの水準(20%以下と80%以上)で発生した場合はより信頼性が高いといえます。

ダイバージェンス

相場が新高値や新安値を付けたにもかかわらず、ストキャスティクスのほうは高値や安値の更新によってこれを確認できなかった場合、ストキャスティクスのダイバージェンス・パターン といいます。

ダイバージェンス・パターンはMACDのダイバージェンス同様に相場の天底の出現を示唆する可能性が高いサインです。

ストキャスティクスの注意点

ストキャスティクスは、逆張りのテクニカル分析という性質を持っているため、利益確定は素早く行う必要があると考えられます。

これは、ストキャスティクスの手仕舞いのサインを待ち過ぎると利益を確定するのに出遅れてしまうリスクを意味しています。

また、オシレーター系の指標に一般的に言えることですが、強いトレンドが形成されたときに、ストキャスティクスは上下に張り付いてしまい機能できなくなることがあります。

その意味でも、ストキャスティクスは、相場の細かな波に反応して短期売買を行いトレードに向いているテクニカル指標ということがいえます。

買われすぎゾーンと売られすぎゾーンに注目

じつは、ホンモノのストキャスティクスには「%K(パーセントK)」と「%D(パーセントD)」、「Slow%D(スローパーセントD)」の3つの線があるんですよね。

ホンモノの、というのもなんですが。

でも、「%K」は反応が早い分、ダマシも多いという欠点から、「%D」、「Slow%D」の2本の線を利用した「スローストキャスティクス」をつかうのが普通なんです。

見方はRSIなど他のオシレーター系と同様で、上部70%が「買われ過ぎゾーン」=「売りサイン」、逆に下部30%が「売られ過ぎゾーン」=「買いサイン」となります。

レンジ相場で一番力を発揮する

ストキャスティクスが最も効果を発揮するのはボックス相場です。

チャートを見ると、ストキャスティクスはレンジで、相場反転時に有効なシグナルを発し、機能していることがわかります。

逆に、上昇や下降トレンドの場合はトレンドをうまく読み取ることができず、結果として適切な売買サインを示しづらいという弱点があります。

そのため、トレンド系の指標である移動平均線やMACDなどを併用して、総合的に判断しましょう。

ストキャスティクスはオシレータ系

オシレーター系のチャートは、価格変動から買われすぎや売られすぎを判断するとともに、その勢いも教えてくれるのが特徴です。

つまり、ストキャスティクスは、冒頭で書いた通り、RSIなどのオシレーター系のチャートグループにおいて共通する特徴を持っているんですね。

ストキャスティクスもRSIと同じく、100%に近づくほど買われすぎ、0%に近づくほど売られすぎを示していましたね。

RSIとストキャスティクス

でも、ストキャスティクスは、RSIと似てはいるんですが、当然若干異なってもいます。

そうじゃなきゃ独立するテクニカルとして意味がないですからね。

ストキャスティクスは、買われ過ぎや売られ過ぎの水準を少し広げてみる必要があると書きましたが、これだけふれ幅が大きくなる理由に、期間の取り方が関係しているという側面があるんですね。

実際、RSIは一般的に14日の期間を使っていますが、ストキャスティクスは9日間と、短めの期間となっています。

RSIとストキャスティクスを上下に表示して、この二つのチャートを比較しながら見てみるとよくわかるとおもいますので、ぜひやってみてください。

ストキャスティクスとは? まとめ

st

さて、いかがでしたか?

基本的に、オシレータ系テクニカルとスキャルピングは、相性が抜群です。

なので、ぼくもストキャスティクスについては、補助的によくつかっています。

みなさんも、自身のトレード方法で、「どういうときにストキャスティクスをつかったら資金効率が上がるのか」をよく考えてつかってみてください。

きっと役立つことでしょう(^^♪

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

おすすめの国内FX会社ランキング

第1位 DMMFX

ぼくが一番おすすめするFX会社はなんといってもDMMFXになります。証券会社として常に顧客満足度を重視している姿勢が評価高いです。スリッページ、スプレッドなど、あとになってこのFX会社でよかったと感じるのがDMMFXだとおもいます。口座開設は下の緑のボタンから無料でできますよ(^^)

第2位 インヴァスト証券 トライオートFX

トライオート

自動売買ができるFX口座ならばトライオートFXがおすすめです。もちろん通常の取引もできます。今現在、最先端のレンジ追尾システムなのではないでしょうか。口座は複数持っておくのが良いという点で、DMMFXに次ぐ第2の口座に、このトライオートFX口座をつくっておくと良いとおもいます。

第3位 FOREX.com MT4口座


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆未来予測チャート

フォレックスで口座開設することのメリットはやはりMT4がつかえることです。世界中のFXトレーダーから支持されているMT4でトレードしたいならばFOREXで決まりです。このリンクから申し込むと無料でもらえる「未来予測チャート」もかなりおすすめです。本来有料なので、これは口座開設する意味があります(^^♪

最近よく読まれている記事

1
XMの評価|人気海外FX会社を為替取引のプロ視点でレビュー

XMって海外FXに挑戦することを決めた方が一番よく選ぶFX会社なんですよね。 この記事では、ぼく、ダカール自身がXMと連絡をとって入手した情報も含め、XMについて書きます。 このブログはぼくのブログな ...

2
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

3
FX初心者がつかうべきサインツールとは?

FX初心者の方にとっては、なんらかのサインをもらってトレードをするほうが、最初のうちは良かったりします。 今回はサインツールについての記事です。 ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前 ...

-FX用語, ストキャスティクス, テクニカル
-

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2017 AllRights Reserved.