仲値公示について 実需とFX

仲値公示の実態|銀行と企業の小競り合いの概略を知っておこう

投稿日:

仲値とは、朝9時55分頃のインターバンク市場のレート水準をもとに決める銀行の対顧客取引レートのことです。

仲値は「なかね」と読みます。

この仲値を境にしてTTBやTTSが決められます。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします👇(^^)

仲値が決まれば1日中そのレート

2016fx

東京時間の為替相場の特徴としては、銀行にとって顧客取引(海外送金や輸出手形)の比率が多いという点が挙げられます。

仲値が決まれば基本的にその日一日をそのレートで取引を行うんですね。

その日の米ドル需給のバランスにもよりますが、この仲値前後はその日一日分の米ドルを手当てする必要があり取引が活発になるんですよ。

例えば石油会社が輸入する石油代金のドルを買い求めに来た時、仲値公示額での取引となるので、仮にその時点で米ドルの対円レートが上がっていれば銀行の損失となります。

そのようなリスクを回避するために仲値を定める時間の前のレートで先買いを行います。

特に5の倍数日は五・十日と呼ばれ、商取引慣行で大企業の大口決済が多いため大きく動きやすいんですね。

五・十日は「ゴトウビ」と呼びます。

五・十日は仲値が高めに設定される傾向があります。

この仲値ですが、基本的にはその日の間は固定されるものですが、大きく為替レートが動いた時は仲値決済は行われずに為替レートに連動して取引されるようになっています。

これは意外と知られていないことだとおもいます。

ちなみに、仲値は外国為替市場の取引実勢レートを基準にして金融機関毎に決定されます。

じつは銀行によって多少ちがうものなんですね。

仲値不足とは?

仲値不足は「仲値決済による外貨の需給バランスで、外貨が不足している」 状態のことです。

仲値決済は輸入業者などが利用することが多いため、不足になることがほとんどなんですね。

よく勘違いされている方が多いですが、仲値公示にかけてドルを買うのは企業ではなくメガバンクです。

銀行が法人へドルを売るためにドルを確保するんですね。

これがいわゆる仲値公示にかけてのドル買いなんです。

そうして銀行が買った米ドルを輸入業者の多くがまた買うわけですね。

これは国外からモノやサービスを購入するためです。

仲値不足というのは、仲値決済による外貨の需給バランスにおいて、外貨が不足している状態のことでしたね。

この外貨というのは主に米ドルを指します。

実務的に言えばまさに上記のような背景があって仲値公示前のドル買いが起こると言えるんです。

銀行にとって仲値不足は、言い換えれば「顧客からのドル買いがドル売りより多い状態」のことを指しているということになります。

仲値と輸入企業と輸出企業

Stock

日本の企業にとってドル買いとは日本から外国への支払いに伴うドル転(円からドルへの転換)です。

一方、ドル売りとは外国からの外貨受取りに伴う円転(ドルから円への転換)です。

支払いについては自分が行うことなので、支払金額も支払い時期も決まっています。

しかも日本の企業は律儀なので、決まったタイミングで支払う習慣がある場合が多いんですね。

これが五・十日の支払いの話につながってきます。

一方、受取りについては相手があることなので、支払いに比べると不透明です。

そのためドル買いは仲値前後に集中し、ドル売りは終日続きます。

基本的に、外国勢は支払い期限を定めていてもそのとおりの期日で送金しないこともよくあります。

これは言葉を選ばずに言えば海外からはわりといいかげんなタイミングで入金があるということです。

うーん、リアルな話をはじめると角が立つのでこのへんでやめておきましょうか(*ノωノ)

仲値が決まるとドル円は下がる

ちょっと視点をかえてみましょうか。

仲値公示って「輸入業者に銀行が仲値でドル円を売る」ということがあらかじめ決まっているわけです。

輸入企業ということはぼくの勤め先の会社と逆ですね。

対輸入企業の取引だと、銀行はドル円の売りポジションを仲値で持つことになるわけで、高ければ高いほど儲けやすいということになります。

そんなわけで、銀行へのドル円買いの通知が多ければ多いほど、仲値に向かって買い上げることになるんですね。

そして仲値が決まると、とりあえず銀行のドル円買いが止まります。

そして次に、仲値を吊り上げる為のドル円買いと、それに便乗して買っていた投機筋の決済売りが始まるんですね。

銀行は客から相対で受けたドル売りポジションも持っているわけですから、下がってくれればくれるほどありがたいわけです。

どこかで買い戻さなければいけないわけですが、下がり始めたらそのまま眺めていることでしょう。

つまりこの結果、仲値が決まるとドル円は下がるという基本パターンが生まれるわけです。

じゃあぼくの立場側はどうなのか?

逆に輸出企業からのドル円売り注文は、仲値が決まった後に入れます。

前日よりも仲値が高いときは特にこういうことをします。

仲値公示の実態 まとめ

Road

さて、いかがでしたでしょうか?

テクニカル分析の三原則のひとつに「価格はすべてを織り込む」というものがあります。

五・十日の仲値公示前のドル買いを当たり前の現象のように考えるのはやめましょう。

それは市場参加者の定説になった話というのはすぐにそれを利用する人間が出てくる故です。

また、仲値という「1つの材料」であるだけで、もっと大きな材料がある場合は、ゴトウビだろうが仲値不足だろうが上に例示したパターン通りには動きません。

株高のときはそのまま上がることもありますし、株安のときは下がり続けることもままあります。

東京時間は日本の実需取引が相場を動かし、それ故仲値公示も注目される取引であることは間違いないです。

でも、だからと言って五・十日の午前10時前は常に仲値公示に向けてのドル買いに便乗したトレードをするよう心掛けるというのは、これは視野が狭いということになります。

カレンダーで、五・十日に赤丸をつけるようになったらそれは正しい相場環境認識ができなくなっていると考えていいです。

まさに木を見て森を見ず、です。

じゃあ五・十日の仲値公示直前というタイミングでも、口を開けて待っているのがFXトレードの正しいスタンスなのでしょうか?

これは「ノー」です。

この点、トレーダーとしてやるべきことは地道な努力だとぼくはおもいます。

努力あるのみなんですね。

つまりは記録をとることです。

具体的な、おすすめする記録のとり方についてはこちらの記事に書いていますのでぜひ読んでみてください👇(^^)

仲値公示とドル買いトレンドを利用したトレードについて

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします👇(^^)

人気ブログランキング

おすすめの国内FX会社ランキング

第1位 DMMFX

ぼくが一番おすすめするFX会社はなんといってもDMMFXになります。証券会社として常に顧客満足度を重視している姿勢が評価高いです。スリッページ、スプレッドなど、あとになってこのFX会社でよかったと感じるのがDMMFXだとおもいます。口座開設は下の緑のボタンから無料でできますよ(^^)

第2位 インヴァスト証券 トライオートFX

トライオート

自動売買ができるFX口座ならばトライオートFXがおすすめです。もちろん通常の取引もできます。今現在、最先端のレンジ追尾システムなのではないでしょうか。口座は複数持っておくのが良いという点で、DMMFXに次ぐ第2の口座に、このトライオートFX口座をつくっておくと良いとおもいます。

第3位 FOREX.com MT4口座


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆未来予測チャート

フォレックスで口座開設することのメリットはやはりMT4がつかえることです。世界中のFXトレーダーから支持されているMT4でトレードしたいならばFOREXで決まりです。このリンクから申し込むと無料でもらえる「未来予測チャート」もかなりおすすめです。本来有料なので、これは口座開設する意味があります(^^♪

最近よく読まれている記事

1
XMの評価|人気海外FX会社を為替取引のプロ視点でレビュー

XMって海外FXに挑戦することを決めた方が一番よく選ぶFX会社なんですよね。 この記事では、ぼく、ダカール自身がXMと連絡をとって入手した情報も含め、XMについて書きます。 このブログはぼくのブログな ...

2
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

3
FX初心者がつかうべきサインツールとは?

FX初心者の方にとっては、なんらかのサインをもらってトレードをするほうが、最初のうちは良かったりします。 今回はサインツールについての記事です。 ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前 ...

-仲値公示について, 実需とFX
-, ,

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2017 AllRights Reserved.