メンタル

FXとメンタル|損切りを意思決定のプロセスから考えてみる(1)

投稿日:2017年1月17日 更新日:

最終的にマイナスの成績を出さないためにはどうしても損切りが必要なときもある。

誰もがこのことをわかっているんですね。

でもとってもむずかしいのが損切りなんですよ。

損切りが難しいのは完全に心理的な側面においてです。技術的には単に「Exitする」というだけの作業ですからね。

この記事ではFXにおける正しい損切りのプロセスを例を挙げて考えていってみようとおもいます。

2つの抽選から1つを選ぶ 利益編

たとえばみなさんならば、次の2つの抽選のうちどちらかひとつを選ぶならば、どちらを選ぶでしょうか? 宝くじですね。

A. もれなく100万円があたる抽選券

B. 50%の確率で200万円が当たるが、ハズレなら0円の抽選券

この選択は、どちらも期待値は100万円ということになります。

この問いの結果ですが、堅実性の高い選択肢Aを選ぶ人が圧倒的に多くなるんですよね。

前もって言っておきますがこれは国民性とかの話ではありません。万国共通の心理的な話です。

2つの抽選から1つを選ぶ 損失編

もうひとつ例を挙げます。

こちらの抽選のうちどちらかひとつを選ぶならば、どちらを選ぶでしょうか? こちらは貧乏クジの話です。

A. 無条件で100万円支払うことになる抽選券

B. 200万円の支払いと0円の支払いが、それぞれ50%の確率の抽選券

この場合だと利益編とは異なる選択をする人のほうが多くなります。

つまり選択肢Bを選ぶ人のほうが多くなるんですよ。

これってちょっと興味深くないですか?

つまり人は利益を選択するときは堅実なほうを選ぶのに対して、損失を選択するときはギャンブル性の高いほうを選ぶ傾向があるんですよ。

意思決定理論のひとつ、プロスペクト理論

なぜこのような結果になるのでしょうか?

それは人には目の前に利益があると「利益が手に入らない」というリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると「損失そのもの」を回避しようとする傾向があるからです。

これは意思決定理論のひとつのプロスペクト理論と言われるものです。

プロスペクトというのは期待や予想、見通しという意味です。Prospect と書きます。

細かい説明はここでは省きますが、プロスペクト理論は簡単に言ってみれば「得をするときと損をするときで価値の感じ方が異なる」という人間の性質について綴られたものです。

抽選の例をプロスペクト理論から考える

先ほどの選択肢の話をプロスペクト理論の観点で見ていってみましょう。

まず利益編の場合はB.を選ぶと「50%の確率で何も手に入らない」というリスクがあるわけです。このリスクを回避してA.を選び、確実に100万円を手に入れるわけです。

対して損失編です。損失編ではA.を選ぶと100%の確率で確実に100万円を支払うことになります。この目の前に見える確実な損失を避けて、B.の50%の確率の0円の支払いに期待を寄せるわけです。

不思議だとおもいませんか?

この損失編の方の意思決定のプロセスでは、残り50%の確率で引く可能性がある「200万円を支払う」という結果は、かなり軽視されてしまうんですね。

利益よりも損失の方がインパクトが強い

つまり、人は利益と損失では損失の方がより強く印象に残り、損失はできるだけ回避しようとする行動をとるということですね。

これを行動経済学では「損失回避性」と言います。

ちゃんと学術的な裏付けもある心理状態なんですね。

そしてこれはFXでも同じなんですよ。

利益編の話は「含み益が出るとすぐに利確したくなる」という心理につながってきます。

損失編の話は「損失が出たときはなかなか損切りできない」という心理につながってきます。

次の記事以降でこのへんの話と、実際にこのプロスペクト理論に打ち勝つ方法について書きますね。

まずは次の記事で、「含み益が出るとすぐに利確したくなる」という心理について紹介します。

次の記事は☟こちらです。

FXとメンタル|損切りを意思決定のプロセスから考えてみる(2)

Dakar

人気ブログランキング

まずはXMで環境構築を!戦略から逆算して選ぶ海外FX口座!

なぜXMがおすすめなのか?

個人トレーダーとしてぼくがメイン口座を開設しているのがXMです。この記事では、なぜぼくがXMでスキャルピングをすることにしたのか?という点を書いています。それがそのまま、この海外FX会社をおすすめする理由なんですよね。スキャルピングをするにあたって、どのFX会社を選ぶか迷っているなら、一見の価値アリですよ(^^)b

XMの評判は真実なの?

この記事では、一般的なXMの評判をもうちょっと掘り下げて書いてみました。特に、日本での口座開設者ランキングにおいて首位を奪取したエピソードあたりは、ぜひよく読んでみていただきたいものです。今、どんな海外FX会社で口座をつくればいいか迷っている方の、背中を押すことができる記事にできたかなと思っています(^^)/

「勝ちに行く」環境とは?

単にXMをおすすめしますと書いていても、具体的な戦略の土台が見えないんじゃイメージがしにくいかなと思って書いたのがこの記事です。実際にぼくがこのFX会社で自宅で展開しているPC環境を、この記事では一部公開しています。資金効率を重視したトレーディングのためのチャート構成に興味のある方は、こちらは必見ですね(^^)

最近よく読まれている記事

1
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

2
ロンドンフィキシングとは?リスクマネーの必要性とチャート大変動

ロンドンフィキシングは、ロンドン市場の16時、日本時間で言うと25時のフィキシングのことをいいます。 ロンドンフィキシングは英語で書くと、London Fixing ですね。 Fix って「固定する」 ...

3
ボリンジャーバンドはズルい?使い方を完全に理解して勝ちまくろう!

とある方から、ボリンジャーバンドはズルいテクニカルだと思います、という問い合わせがありました。ボリンジャーバンドのどこがズルいのかなーと思って、よくよく話を聞いてみると、「これはわりと深いかも!」と感 ...

-メンタル

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2019 AllRights Reserved.