FX用語 政治とFX

レパトリ減税とは?トランプ氏の保護主義とチャート変動要因

投稿日:2016年12月17日 更新日:

こんばんは。

今日、Yahoo!ニュースのトップに「マー君 来季中にトレードも?」と書いてありました。

このニュースのタイトルを見てすぐさま思ったのは、ヤンキースの田中将大投手が来年からトレードをするのか!株なの?FXなの? ということ。

ちょっとマズイですね。トレードにのめりこみすぎかもです。笑

もちろんこのトレードというのは大リーグのチーム間でのトレードです。

ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前に、ぜひクリックをおねがいします👇(^^)

トランプ氏の為替政策はわかりにくい

さて、今回の記事ではレパトリ減税について書いてみたいと思います。

トランプ氏ってあまり為替政策についてのダイレクトな発言がないんですよね。

ぼくが知っているもので唯一チャートの動きに直接関わるかもとおもったのは、2016年5月のCNBCテレビでの発言です。

このときの放送の中でトランプ氏は「私は低金利主義者だ。金利が上がり、ドル高になれば大問題だ。」と発言したんですよ。

このときはぼくは「あ、もしトランプ氏が大統領になったらドル円が上昇することはまずないな」とおもってました。

通貨の価値が下がれば換金に有利

基本的には今でもトランプ氏は通貨安にしていきたい意向が強いとはおもうんですよ。

世界的な輸出企業を多く抱える経済大国アメリカにおいて、ドル安は自国のさらなる経済成長を牽引していく条件ですからね。

でも、レパトリ減税というものを、この新大統領のトランプ氏は政策として掲げることになっているんです。

お金はお金がある場所でつかう

レパトリ減税というのはレパトリエーションに課される減税処置のことです。

そもそもレパトリエーションって何なの? という感じですよね。

レパトリエーションというのは企業が海外に投資していた資金を自国に戻すことです。

海外に投資していた資金というのは元々自国から持ち出している分や海外で稼ぎ出した利益分のお金のことです。

どんな企業でも決算や給料の支払いなどを目的に、資金を自国に還流するんですね。

その絶対量こそ企業によってまちまちですが、このレパトリに課される税金が減るのであれば、これは企業にとってはとてもありがたいことです。

企業戦略とレパトリ減税

自然、レパトリ減税が実施されれば資金を自国に戻す企業が増えることになります。

そうして自国に戻したお金をつかって企業はなにをするか?

これは販売促進や設備投資なんですね。言い換えれば今まではこれを海外でやっていたわけですよ。

どこで売れるかをリサーチし、徹底したマーケティング戦略を練る。そして土地の安い場所に工場をつくってフル稼働でマーケットにどんどん投入してきたわけです。

雇用を生み出す!と国民に約束しているわけです

自国に戻したお金をつかって企業はなにをするか? という点については、忘れてはいけないことがもうひとつあります。

それが「国内での雇用創出」です。

これこそがトランプ氏がレパトリ減税を政策にする目的なんですよ。

中間層の失業率の悪化に歯止めをかけるべく、トランプ氏はこうした保護主義的な政策を掲げてヒラリークリントン氏に選挙で勝ったんです。

要はトランプ氏の経済政策の具体案のひとつがレパトリ減税というわけです。

レパトリ減税政策の結果を見定めよう

さて、このレパトリ減税については為替の値動きにも影響が出そうだということで、メガバンクなんかはけっこう注目しています。

直接的なチャート変動の材料にはならないけれども、大事なのは大事なんですよね。

これ、いったいどういうことだとおもいます?

レパトリ減税は以前もやったことがあった

2005年にアメリカでは「本国投資法」という時限立法が施行されたらしいんですね。

「らしい」と書いたのはぼくにとってはまだ入社前の出来事だからです。

この法律は、今回トランプ氏がやろうとしている政策に似たものだったんです。

目玉は法人所得税率が35%なのを2005年に限って5.25%にするというもの。

これってかなりすごいことですよね。

レパトリ減税とドル高

このときは当然のようにドル高の流れになったんですね。今チャートを確認してみても、この時期のドル円は上がり、ユーロドルは下がっています。

でもこのときのドル高というのは当時は他国通貨に比べて相対的にドル安だったからだ、という声が多いんです。

今はFOMCによる利上げが段階的に行われているという相場環境です。この相場環境において、すでにドル高になっている状況では、企業はすでに資産をドルで所有しているんじゃないか という見方もかなり多くの専門家が指摘しているんですよ。

同じ目的の政策を実施したからと言って、その副作用まで同じになるとは限らないということですね。

チャート変動とレパトリ減税

ではなぜそれなのにレパトリ減税政策はFXをしていく上で大事なのか?

その理由は、まずは世界一の経済大国アメリカの政策だからです。

例え直接的にドルのチャートを変動させることがなくても、他の材料に間接的にかかわってくるということは十分ありえることなんですね。

加えてレパトリ減税政策がかかわるチャート変動は実需が材料になっているチャート変動だから ということです。

企業の動きは経済の流れそのものです。

マネーゲームの側面がかなり大きい昨今のチャート変動事情ですが、その中にあってまず最初のインパクトをチャート上に表現するのはいつでも実需です。これは絶対です。

チャート変動要因の先陣は実需

まずは実需がある。

実需の影響で動いたチャートを見て為替に関する政策が新設・継続・変更される。

その要所で外資・大口がしかける。

この順番を、ぜひ意識してチャートを眺めるようにしてください。

Dakar

ためになった!という方はぜひ人気ブログランキングのクリックをおねがいします。Ctrlを押しながらクリックすると新しいページで開けます👇(^^)

人気ブログランキング

おすすめの国内FX会社ランキング

第1位 DMMFX

ぼくが一番おすすめするFX会社はなんといってもDMMFXになります。証券会社として常に顧客満足度を重視している姿勢が評価高いです。スリッページ、スプレッドなど、あとになってこのFX会社でよかったと感じるのがDMMFXだとおもいます。口座開設は下の緑のボタンから無料でできますよ(^^)

第2位 インヴァスト証券 トライオートFX

トライオート

自動売買ができるFX口座ならばトライオートFXがおすすめです。もちろん通常の取引もできます。今現在、最先端のレンジ追尾システムなのではないでしょうか。口座は複数持っておくのが良いという点で、DMMFXに次ぐ第2の口座に、このトライオートFX口座をつくっておくと良いとおもいます。

第3位 FOREX.com MT4口座


FOREX.com×タイアップキャンペーン☆未来予測チャート

フォレックスで口座開設することのメリットはやはりMT4がつかえることです。世界中のFXトレーダーから支持されているMT4でトレードしたいならばFOREXで決まりです。このリンクから申し込むと無料でもらえる「未来予測チャート」もかなりおすすめです。本来有料なので、これは口座開設する意味があります(^^♪

最近よく読まれている記事

1
XMの評価|人気海外FX会社を為替取引のプロ視点でレビュー

XMって海外FXに挑戦することを決めた方が一番よく選ぶFX会社なんですよね。 この記事では、ぼく、ダカール自身がXMと連絡をとって入手した情報も含め、XMについて書きます。 このブログはぼくのブログな ...

2
FX初心者が稼げるようになる具体的な方法4選

現実的に考えていきます。 いったいFX初心者が安定的に稼げるようになるためにはどうしたらいいのでしょうか。 この記事はぼくがFXをはじめるときから長期的に考えていることを綴った保存版の記事です。 ぜひ ...

3
FX初心者がつかうべきサインツールとは?

FX初心者の方にとっては、なんらかのサインをもらってトレードをするほうが、最初のうちは良かったりします。 今回はサインツールについての記事です。 ブログランキングに参加しています。よければ読み始める前 ...

-FX用語, 政治とFX

Copyright© 大手企業為替担当DakarのFXブログ , 2017 AllRights Reserved.